ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD
ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD

ERICSON 8'0" TRI PLANE GLIDE EDGEBOARD

356,600
(0point)

↑ ↓

エリス・エリクソン・エッジボードのミッドレングス、トライプレーン・グライドです。

このモデルで言うトライプレーンとは、ボトムのエッジ・インセットにほどこされた3つのコンケーブパートを表します。
ノーズから始まるスライト・シングルコンケーブはフィンエリアの前ではVEEパネルに乗っていくダブルコンケーブへと変位して、テールエンドではふたたびコンケーブを弱めた穏やかなVEEに抜けます。

エッジボードが持つ機能性のひとつである滑走性の高さとその伸び感を、ミッドレングスでもやや長めのサイズにフィットさせたフォーカスです。
モデル名で名乗るとおりグライド性の高さはもちろん、エッジボードのレイアウトが作り出す、ボード本体に対して狭いエッジエリアに集中して強められるリフトが生む動きの軽さにより、この長さ・ボリュームと相反する動きの良さと機動性の高さがこのモデルの特長です。

同時にエッジボードの断面形状が結果的に持つ折れ剛性の高さはEPS x エポキシグラスの高強度と相まってストリンガーレスに高強度を確保し、何種類かのロッカー&フォイル・テンプレートを用いたホットワイヤーカットによるシンプルなブランクス作りでバリエーション展開する製作プロセスを可能にしました。

8'0" x 23 1/4" x 2 15/16" エリス・エリクソン・シェイプ

pagetop