VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO
VELZY 8'8" BANJO

VELZY 8'8" BANJO

284,500
(0point)

↑ ↓

SOLD OUT

デイル・ベルジーによって生み出されたオリジナルは60年も前、その後今から約15年ほど前に限定製作されたのみでの貴重なモデルがリッチ・パベル・シェイプで復活しました。

今ではサーフボード・デザインのスタンダードのひとつになっている、同じくデイル・ベルジーが考案したバンプ・ウイング。
そのウイングとは逆にテールエリアで外側に張り出すウイングが、このバンジョーの特徴です。

デイル・ベルジーはバンジョー・ウイングにいくつかの機能をデザインしました。
まずそのひとつ、佐藤英進のバンジョーライディング写真を見てくださいね。つま先側のレールから排出される水のラインを見ると、ノーズ寄りともうひとつ、ウイングからもうひとつのポイントが分かります。
この後、さらにボトム寄りからフロントサイド・ターンでテール寄りのレールが深く入るアクションに対して、ウイングがくっきりと起点として働きます。

レールはボード中央部では50 / 50からウイングに近づくと60 / 40にダウンフォイルされ、ウイング部からはスムースなローレールに変化します。
ですからターンにおいては、軽い操作でクイックな反応が得られます。

一方、ウイング以降のデッキ側にはレールとアウトラインに沿って、細いコンケーブがテールエンドに向かって掘られています。
ノーズライド時にはこのコンケーブに強く水が流れ、テールのレールをグリップしてテールをホールドします。
通常、ノーズライドではテールに乗って流れる水はダウンドラッグしますが、バンジョーはテールのレールをつかむように波のカールにキープするのでスピーディーなノーズライドが特長です。

バンジョー・ウイングを生かしたラップカットでボトムを巻きました。技を効かせたミックスでアイソレジンに白のオパークは、レジンのベージュがかった色と合わさっていい雰囲気の渋めのカラーが出ています。

デッキには、3 / 4 パッチを入れて、同じくクリアのアイソレジンでインセット。

このバンジョー、アイソレジンを用いることで独特な色の雰囲気と、速くてスムースなスペシャルなバンジョーのキャラクターとフィットする、ちょっと軽量でフレキシブルな仕上がりです。

8'8" x 23" x 3" リッチ・パベル・シェイプ/山王グラッシング

 

pagetop